薬剤師転職は何年目が最適?新卒3年目で転職する人が多い理由

薬剤師転職

薬剤師は新卒での就活が楽なので先のキャリアを考えずに入社する事が多く、その事が原因で他の職種と比べても離職率が高くなっています。

比較的3年以内に転職する人が多い薬剤師ですが、今後のキャリアアップを図るなら転職する際に注意が必要です。

失敗して転職を繰り返さない為にもきちんと注意点を把握しておきましょう。

この記事の編集者
キメ子@薬剤師KING編集長

当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。薬剤師様の助言をいただきながら、中立的で正しい情報提供を心掛けています。

キメ子@薬剤師KING編集長をフォローする

LINEで無料で相談をしています

はじめての薬剤師転職のベストは何年目?3年目が丁度いい理由

入社してしばらくすると違和感を覚えて辞めたいと考える人が多い薬剤師ですが、今後失敗を避ける為にも転職の時期は見極めないといけませんよね。

その中でも薬剤師の転職は3年目がちょうどいいタイミングだと言われています。その理由としては以下の3つがあります。

1.実務経験を積んでいる

3年目のある程度社会人経験を積んだ薬剤師は、新卒のように0から社会人としてのモラルなどを教える必要がないので、第二新卒としての需要があります。

20代での転職はこれからの伸び代が期待され、適用能力があると判断されているからです。

ある程度の実務経験を積んでいると認識されますが、30代ほどの即戦力を求められないので調剤未経験でも責められる事がありません。

2.未経験ジャンルにチャレンジできる

転職する時期が20代だとあらゆる仕事にチャレンジできます。

調剤薬局から急性期病院などのように、これまで未経験の異業種にも転職できます。

急性期病院のような大病院では年齢が高くなると採用されないので、20代での転職はメリットが高いのです。

3.仕事を覚えた事でキャリアアップが狙える

現在の職業の種類によって異なりますが、たとえば現在病院薬剤師なら実際に医師、看護師、患者様と向き合いながら学んだスキルは大きな武器となります。

薬剤師にとって人気の就職先である製薬会社にはさまざまな業務内容が存在しますが、大手企業の製薬会社では、30代でも『MR』なら平均年収が1,000万円を超えているのです。

薬剤師以外でもなれる職業なので、『MR』の就職難易度は非常に高くなります。

メリットが大きい製薬会社への転職も、経験がある事は大きな強みとなります。

3年目がベストだが薬剤師1年目でも転職できる

入社してから人間関係や環境に馴染めず、1年目から転職を考える薬剤師も多くいます。

結論から言えば1年目でも転職はできますが、今後のキャリアを考えるなら何度も転職を繰り返さないことが大事です。

次は長期で働いて経験を積まないと、将来また転職したくなった場合に不利になってしまうからです。

安易に転職先を選ばず、しっかりと自分にあった職場を探しましょう。

薬剤師の転職に有利な時期とは?

新卒3年目で転職を考える人が多い薬剤師ですが、具体的にどのタイミングで転職を考えた方がいいのか詳しく調べてみました。

以下の3つのタイミングがオススメです。

1.求人数が増える時期(1月~3月と9月)

12月にボーナスを貰って退職し、年末年始をゆっくりと過ごした後に就職活動を開始する為4月からの入職は競争率が高くなります。

年末で退職者が出るため、1月〜3月は求人が増え始める時期です。

4月は退職する人が多くなり、6月や12月も増えます。

女性薬剤師が一般企業の旦那の転勤により退職する事も多く、その欠員を補う為に求人を出すからです。

4月はとくに異動が多いので、求人が増える1月〜3月に薬剤師の転職も活発になります。

いつが転職に有利な時期かは個人によって異なるので、キャリアコンサルタントに相談することをおすすめします。

2.年齢的に有利なとき(25~30歳)

薬剤師の場合、新卒で入社しても3年以上経過すると20代ぎりぎりの方が多くなります。

転職では年齢が若いほど柔軟に対応できるとみなされている職場もあり、それほど前職の経歴を重要視されない25歳〜30歳で転職する事は年齢的にも有利です。

経験豊富な主任や課長クラスだと転職が有利になることもあるので、必ずしも年齢が高くなると採用されなくなってしまうということはありません。

3.ボーナス支給後(1月と7月)

一般的に退職する場合は、ボーナス支給後に退職日を設定する方が多くなります。

それに伴って薬剤師の欠員を補う為に求人を出し始めるので、突然やめてしまうよりは退職者の多い1月と7月に合わせて退職する事も一つの方法です。

とくに1月〜3月は薬剤師の求人も大幅に増えている時期なので、そこを狙うといいでしょう。

薬剤師の経験何年関係なく転職成功させる方法

実際に転職しようと思った時期がベストなタイミングとは限りません。

たとえ何年目だとしても転職を有利にさせる方法があるので、以下にまとめてみました。

1.有利な資格を取得しておく

資格を得る事により、他の薬剤師と差別化を測る事ができます。

とくに転職に有利と言われている資格を以下にまとめました。

2.転職条件の優先順位を決めておく

転職の際に求める条件の優先順位をあらかじめはっきりとさせておく事は非常に重要です。

優先順位が曖昧だと、いざ転職してみた時に自分にとって大事な条件が満たされておらず転職先で違和感を覚えてしまいます。

要望が多すぎるとすべての条件を満たす事は困難となりますので、あらかじめノートなどに書き出し、妥協できない条件を把握しておきましょう。

3.複数の転職サイトに登録する

転職を考えているなら複数の転職サイトに登録する事がオススメです。

複数登録する事によってかなりの求人数が収集できますし、転職サイトの競合により静賢がよくなるので転職活動を有利に進める事ができます。

転職サイトによっては医療機関との繋がりもあり、色々な条件に違いがあるケースもあります。

次の職場に好条件で入社する為にはいい担当者を見つける事も大切です。

4.キャリアコンサルタントに相談する

転職サイトに登録すると、キャリアコンサルタントからの電話がかかってきます。

キャリアコンサルタントに相談する事で非公開求人を探してくれたり、面接では伝えきれなかった事を採用担当者にプッシュしてくれたりと大きなメリットがあります。

転職活動に必要なサポートを無料で行ってくれるので、転職する場合には転職のプロであるキャリアコンサルタントを活用しましょう。

薬剤師の転職でよくある質問集

続けて薬剤師の転職でよくある質問をまとめてみました。

Q1.転職で不利ならないように空白期間は空けないほうがよいの?

A.空白期間を空けない事がベストです。

期間を空けてしまうと、転職面接の際にさまざまな疑念をもたれてしまい不利になってしまいます。

他の転職者に差をつけないためにも空白期間は空けず、スムーズに転職できるように先を見据えて活動を開始しましょう。

Q2.退職したい意志はいつ伝えればいいの?

A.円満退社を目指すなら、余裕を持って三か月前に伝えましょう。
円満退社をしてスムーズに転職する為には、職場に迷惑をかけない為にも余裕をもって3ヶ月前には切り出す事をオススメします。

会社も新しい人材を入れる為にいろいろと準備が必要です。

急な退職はお世話になった方などに迷惑がかかりますし、しつこい引き止めに合う可能性もあり後味が悪くなってしまいます。

3ヶ月前がムリな場合は、遅くとも1ヶ月前には会社に伝えるようにしましょう。

Q3.結婚出産のタイミングで転職はあり?

A.結婚や出産を期に転職を考える女性薬剤師は数多くいます。

将来妊娠や出産、育児を考えると、いまの職場に理解があるのかどうかが非常に重要です。

育児に理解がある職場は時短勤務や残業なし、急な休みへの対応がスムーズなので、薬剤師としてうまく働く事ができます。

結婚した方は妊娠が発覚してからの転職は非常に困難ですので、今の職場に理解がない場合には転職を検討しましょう。

Q4.仕事を辞めたいと思っているタイミングでの転職はありなの?

A.基本的にどのタイミングでも転職は可能です。

転職にベストな時期を選んでも、あなたが求めている企業の求人があるとは限りません。

転職時期を考えすぎて自分のベストなタイミングを逃してしまう事もあります。

好条件で転職する為には辞めたいと思った時から転職サイトを活用し、あらかじめ登録しておいて自分に合った求人を逃さない事も大切です。

薬剤師は基本的にいつでも転職可能

薬剤師の転職の最適な時期は3年目が一番ベストだと言われていますが、基本的にはいつでも転職が可能です。

一部の大手を希望している場合には、20代〜30代の間に転職した方が有利ではありますが、それ以外の方はそこまで気にする必要はありません。

薬剤師の有効求人倍率は2019年時点で4倍以上あり、いつでも求人がある状態です。

少しでも転職をしたいと考えているなら、なるべく年齢的にも若い方がいいので、転職サイトに登録して自分に合った職場を見つけましょう。

 

→薬剤師転職の記事をもっと見る

 

2019年10月更新:薬剤師に推奨したい転職サイト2選

様々な求人にニーズに対応できる最高峰の転職サイト

登録

求人数は最高峰!調剤薬局と派遣求人に強い転職サイト

登録

※こちらの記事は薬キャリ、ファルマスタッフから提供された広告リンクを含んでいます。

広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しています。転職サイトはすべて無料で利用可能です。

またキャリアコンサルタントの質にはバラつきがあります。

今後のキャリアに影響を与える大事な要素なので、複数サイト登録をしてコンサルタントを比較しましょう。

それと転職活動が正解ではないケースもあります。あえて転職せずに、今の職場で努力する選択肢も忘れないでください。

情報の正確性には細心の注意を払っていますが、間違っている情報があればコメント欄で指摘して頂けるとありがたいです。

メディアに掲載している情報で不明点があるならば、お問い合わせフォームかコメント、LINE@からご連絡ください。

併せてメディアコンセプトもご覧ください。

この記事の編集者
キメ子@薬剤師KING編集長

当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。薬剤師様の助言をいただきながら、中立的で正しい情報提供を心掛けています。

キメ子@薬剤師KING編集長をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
薬剤師転職
あなたに最適な薬剤師転職サイトを簡単診断!

薬剤師の転職サイトは、ランキングで選ぶのは少し危険です。

なぜなら転職サイトごとに強実のある求人や、サポート体制に違いがあるからです。

本当に大事なのは、あなたに本当に合っている転職サイトを登録することです。

こちらでは質問に答えるだけで、今のあなたに最適な転職サイトを診断します!

薬剤師KING

この記事のコメント

タイトルとURLをコピーしました